透析患者さんって独特な性格の方が多いと言いますよね・・・

透析患者さんって独特な性格の方が多いと言いますよね・・・

透析気質らしいですが、やっぱり職場によって患者さんの特色ってありますか?

入院している患者さんにも同じような事が言えると思うのですが、透析している患者さんにも、独特な方は沢山います。
患者さんは長い間透析を受けていますから、それなりに知識もあり、看護師の事をとても良く見ています。

透析を必要としている患者さんというのは、とてもナーバスです。
透析を受けなければ生きて行く事ができないし、急変する可能性もあります。
それに、透析というのは苦痛も伴います。
そのように、いろいろな不安や痛みや苦しみを抱えながら闘病生活をしているのです。
看護師に命を預けていると言っても過言ではありませんから、看護師を見る目が厳しくなるのも良くわかります。

患者さんにとっては、新人看護師や経験が浅い看護師というのは、とても不安が大きいものです。
その為、つい厳しい言葉や暴言を吐いてしまう方もいます。
しかし、自分の命を預ける以上、患者さんにしてみれば、どんな看護師なのか試したくなるのも当然かもしれません。

しかし、自分の病状をしっかり受け止めて、知識が豊富な患者さんは、自己管理ができるので安心できる部分もあります。
逆に、治療に全く無頓着な患者さんの場合、急変や透析中にいろいろな症状を起こす可能性も高くなるので、
看護師にとっては大変な患者さんです。

どんなタイプの患者さんであっても、自分自信の知識や技術が充分にあれば、どっしりと構えている事が出来ますし、
どんな時にも的確な対処をする事ができます。
患者さんから見ても、慌てる事なく、常に落ち着いて対応している看護師であれば、信頼感が高まるものです。
どんな患者さんにも対応できるように、知識や技術を身につけて、一人前になる努力が必要です。
そうする事が、患者さんの心を開く事にも繋がります。

2013年12月24日|