パニック障害って増えていますよね(>_<)

パニック障害って増えていますよね(>_<)

最近、パニック障害を始め、うつ病や自律神経失調症など、精神的な疾患を持つ方が増えている事に驚いています。
情報が反乱している世の中のせいか、ストレス社会と言われていますが、
ストレスの発散が苦手な方は注意する必要があります。
パニック障害というのは、女性、それも若い方に多い疾患です。
男性に比べると、メンタルな面で弱い部分があるのも一つの原因なのかもしれません。

私が働いている職場には、ガンの患者さんがとても多いのですが、その多くの方は、メンタル面での疾患も抱えています。
がんというのはとても大きな病気ですし、肉体的にも精神的にも痛みや苦しみを伴います。
将来に対する不安など、いろいろな思いが重なってかなりのストレスがかかります。
患者さんだけではなく、介護をしている患者さんのご家族にも同様の事が言えます。
苦しい闘病生活を間近で見ている為、その悩みや葛藤は相当なものです。
ストレスの大きさは半端な物ではありません。

ストレスというのは、とても怖いもので、いろいろな病気を引き起こしてしまう可能性があります。
過大なストレスがかかると、体の抵抗力が低下し、新陳代謝や循環が悪くなります。
このような状態が続く事により、病気に繋がってしまうのです。

普段は当たり前のように、ご飯を美味しく食べて、夜はぐっすりと睡眠をとる事ができる生活をしています。
メンタル疾患を患ってしまうと、このような健康な生活がどんなに幸せな事か、というのが良く分かります。

パニック障害などの疾患を引き起こさない為には、自分の性格や状態を理解して、
ストレスを上手に発散する方法を見つける事が重要です。
自分が楽しいと思える事、心地よい気分になれる事を見つける事も大切です。

2013年12月13日|